おいこらの野球&競馬&競馬伝説記

野球好きであり大の競馬ファンでありなおかつ競馬伝説でナド鯖をメインにアス、ロン鯖でも弱小馬主をしているおいこらこののブログです。

種牡馬シンジケート制度での種付け料上昇と下降の条件 

同時開催中!!!
ブログ読者向けイベント
 サブリミナルウオッカ、次は何人に? 
競伝ブロガー向けイベント
 おいこらこの勝負服デザインコンペ 
〆切 12月25日(日)23:59:59

久しぶりに競伝の種牡馬シンジケート制度についての話題。
種牡馬シンジケート制度が導入されてから7ヶ月が過ぎましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は種付け料の上昇と下降の詳細です。

さて今日、ナド鯖で新シーズンを迎えて種付け料の改定がありました。
で、

「重賞勝利達成したのになんかうちの種牡馬返ってきたんだけど?」


という方がいたのでまたシンジケートの記事を書きます!

ついでに種付け料の変動条件の全容がわかったので、
改めて明確に書いておこうと思います。













ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



~公開取消のケースと種付け料の変動~



取消審査

・3月1週までに公開申請した馬 →そのシーズンから数えて
・3月2週以降に公開申請した馬 →その次のシーズンから数えて

超早熟・早熟 3シーズン後の1月1週に取消審査
稍早熟・普通 4シーズン後の1月1週に取消審査
稍晩成・晩成 5シーズン後の1月1週に取消審査

があり、

・取消審査までに産駒の獲得総賞金が1億を超えたシーズンが無い
・取消審査までに産駒が重賞勝利していない


この二つどちらにも当てはまる場合公開取消。




この場合公開取り下げになることはもう皆さんご存知かと思います。


そして・・・
取消審査と同時に、種付け料の増加があります。

取消審査と同時の種付け料増加

取消審査までに産駒がクラシック以外のG1を1勝した毎 200万増加

取消審査までに産駒がクラシックを1勝した毎 500万増加




取消審査と同時の種付け料下降

無し
(つまり審査で取消されなければこのシーズンは種付け料の減少は無い)







そして・・・
取消審査があった次のシーズンから
種付け料の改定が始まります。
そしてそれは毎シーズン
1月1週に行われます。

この改定から種付け料のマイナスがあります!!!





そして・・・





種付け料が0になると公開取消





これが大事!!!!!

次の項へ。






~種付け料の増減の計算式~



大まかに言えば

前シーズンに産駒がG1を勝っている場合
→種付け料上昇


前シーズンに産駒がG1を勝っていない場合
→種付け料低下





↓詳細



前シーズンに産駒がG1を勝っている場合

増加額は前Sの産駒のG1の勝利数とクラシックの勝利数で決まる


前Sに産駒がクラシック以外のG1を1勝した毎 200万増加

前Sに産駒がクラシックを1勝した毎 500万増加
(競伝でのクラシック...皐月賞東京優駿菊花賞桜花賞優駿牝馬秋華賞)




これはいいでしょう。

勝っていないときのほうが問題。




前シーズンに産駒がG1を勝っていない場合

前Sに産駒が何回重賞を勝ったかで低下額が決まる

0勝・・・500万低下
1勝・・・400万低下
2勝・・・300万低下
3勝・・・200万低下
4勝・・・100万低下
5勝・・・低下無し






つまり取り消し審査があったシーズンから、
1シーズンごとに重賞を1勝もしないと、500万も減るということ。

1勝出来ても400万減り
2勝出来ても300万減り...
3勝出来ても200万減り
4勝出来ても100万減り
5勝以上出来ればやっと減らないけどそれでも増えないということ。
これが毎シーズン続くんだからたまったもんじゃない。という話。



種付け料500万(現役時クラシック以外のG1を1勝)の馬で例を出すと、


取消審査が終わったシーズン→次のシーズンの1月1日

重賞0勝 → 公開取消
重賞1勝 → 来S種付け料100万
重賞2勝 → 来S種付け料200万
重賞3勝 → 来S種付け料300万
重賞4勝 → 来S種付け料400万
それ以上 → 来S種付け料500万

ただしG1勝利があった場合
重賞勝ちがそれだけであろうと種付け料増額







取り消し審査から1S経った1月1日→その次のシーズン1月1日

種付け料100万の馬 → 重賞5勝以上かG1優勝しなければ公開取消
種付け料200万の馬 → 重賞4勝以上かG1優勝しなければ公開取消
種付け料300万の馬 → 重賞3勝以上かG1優勝しなければ公開取消
種付け料400万の馬 → 重賞2勝以上かG1優勝しなければ公開取消
種付け料500万の馬 → 重賞1勝以上かG1優勝しなければ公開取消
それより種付け料が多い馬 → 取消は無い。

※取消されなくても種付け料の上昇・下降はあります!

G1を勝てば勿論種付け料は上がりますが、
G1を勝てなかったら種付け料が0にならないで生き残れても、
この分だけちゃーんと低下しますw

重賞0勝・・・500万低下
重賞1勝・・・400万低下
重賞2勝・・・300万低下
重賞3勝・・・200万低下
重賞4勝・・・100万低下
重賞5勝・・・低下無し






毎シーズンこれを繰り返し☆




という大変シビアなものなのです。






そうそう!!!

「あ、うちの馬現役時代G1勝ちまくったから大丈夫!」



という方!

甘い!!!!!!




種付け料が一定以上下がると
遺伝力が下がる
のでお気をつけ下さい・・・。

例:SS → S







な ん て 鬼 畜 な ん だ





因みに逆に種付け料が一定以上上がると
遺伝力が上がり、もし最初からSSであれば・・・
生産時、活性度合いが強くなります。

※つまり種付け料が当初より上がっている馬は狙い目!




そういえば現在の競伝、一部の鯖以外では新シーズンを迎えたか、
そろそろ新シーズンという季節ですが、その新シーズン...
超早熟・早熟種付け料改定が
初めて行われるシーズンですね・・・



ということなので、
「重賞勝利か1シーズン1億っての達成したのになんか種牡馬返ってきた」
という人は


種付け料が0になった可能性が高いです!

という話を鯖フレに向けて説明するために記事を書きましたw


最後に!
やっぱこの制度鬼だわ!!!



また、明日公開のナド鯖大賞でお会いしましょう!







もう一回宣伝!

同時開催中!!!
ブログ読者向けイベント
 サブリミナルウオッカ、次は何人に? 
競伝ブロガー向けイベント
 おいこらこの勝負服デザインコンペ 
〆切 12月25日(日)23:59:59
スポンサーサイト

Comment

Add your comment