おいこらの野球&競馬&競馬伝説記

野球好きであり大の競馬ファンでありなおかつ競馬伝説でナド鯖をメインにアス、ロン鯖でも弱小馬主をしているおいこらこののブログです。

第78シーズン ナド鯖大賞 



年度代表馬
最優秀4歳以上牡馬最優秀ダートホース

ピーティジェラール 牡5歳 ピーティー氏所有 9戦5勝

ピーティジェラール



主な勝ち鞍
愛チャンピオンステークス、シンガポール航空国際カップ、
アーリントンミリオン、川崎記念、帝王賞


古豪ビルフェノや、ニュアージュ、
更には新星ヴェルトマイスター(いずれもサト氏所有)等
群雄割拠だった第78シーズンの古馬路線の中
前半戦において圧倒的な強さを誇っていたこの馬。
シーズン初めの川崎記念から愛チャンピオンSまでのG16連戦では
スローペースに泣き敗戦したドバイWCを除き
稍早熟ながら全て指数126以上を出して勝利、絶対的な強さを見せた。
川崎記念で、後にJCやBCクラシックを制すヴェルトマイスターを退け、
帝王賞では0秒5差を付ける圧勝を見せる等、ダートでの活躍も目立った。
76Sの皐月賞馬もいつの間にやらG1のタイトルは通算12個。
79Sでは中距離の絶対王者となるのであろうか。
後半戦では1S半以上ぶりに複勝圏を外す等、らしくない走りも見られた。
来シーズンでの復活が待たれる。









最優秀4歳以上牝馬
フリーレン 牝5歳 サト氏所有 4戦4勝 

フリーレン



主な勝ち鞍
天皇賞(秋)、東京大賞典


波乱含みのレースや、古豪グランフォー(がじゅ氏)の引退等で、
混戦模様となっていた古馬牝馬の重賞戦線に
9月から彗星のごとく現れたこのフリーレン。
5歳となった今シーズンの8月2週に500万下でデビューすると、
その次走新潟記念では、
前走札幌記念を圧勝していたリトルカメイチイチ(よしくん氏)、
BC天皇賞で2着の実績を持つビルフェノ(サト氏)等好メンバーを
持ち前の豪脚でまとめて差しきる大金星を収めた。
2戦2勝で迎えた大一番天皇賞では
今S、G1を5勝しているピーティジェラールを相手にせず完勝。
迎える立場となった年末の決戦東京大賞典も白星で飾り、
父子3代東京大賞典制覇という偉業で華やかなシーズンを締めた。










最優秀3歳牡馬
クリマスレット 牡3歳 みきすけ氏所有 7戦6勝

クリマスレット



主な勝ち鞍
コックスプレート、仏ダービー、愛ダービー


1400-1600mの適性を持つクリティカルマスの産駒から、
中長距離のG1馬が出たのだから驚きである。
父親が超早熟ながらデビューは2月4週と比較的遅かった。
新馬、500万下と連勝で臨んだ皐月賞は5着に敗れるも、
仏ダービーで皐月賞馬エースミンチカツ(ハムリンモモ氏)を破り優勝。
続く愛ダービーも制し、ドグラマグラ(のぶたく氏)以来38Sぶりとなる
仏愛ダービー制覇を果たした。
次走古馬初挑戦となったコックスプレートでは、
重賞馬3頭を含んだ古馬の強豪を寄せ付けず完勝。
新シーズンの古馬中~中長距離路線に名乗りをあげた。










最優秀3歳牝馬
ネオサニー 牝3歳 サト氏所有 6戦5勝

ネオサニー



主な勝ち鞍
香港ヴァーズ、東京優駿、菊花賞、セントレジャー、愛オークス


今Sのクラシックはこの馬を中心に回っていたといっていいだろう。
休み明けで望んだ3歳初戦の皐月賞は3着に終わったが
次走のダービーでG1初制覇を果たす。
ここからネオサニーの快進撃は始まった。
重賞馬3頭の対決となった愛オークスを楽々制し、
次走セントレジャーでは紅一点ながら、2着に2馬身差の完勝。
フルゲートとなった次走菊花賞もその勢いで連勝した。
名実ともに3歳の女王となって臨んだ古馬戦香港ヴァーズでも
壮絶な叩き合いから抜け出し、G1のタイトルを5つにした。
超早熟の父親を持つためにS末で残念ながら引退することとなったが、
その活躍は偉大なものであった。










最優秀2歳牡馬
ランボーロッキー 牡2歳 仲村氏 4戦2勝

ランボーロッキー


主な勝ち鞍
朝日杯フューチュリティステークス


今S一番の波乱をあげるとしたらこの馬の朝日杯での激走劇であろう。
8月4週にデビュー勝ち、2戦目の札幌2歳Sでは4着になるものの
続く北海道2歳優駿では6頭中5着と、大敗を喫してしまう。
しかし人気を大きく落とし13番人気で臨んだ朝日杯FSでは
馬場の2分どころから切れ味良く伸び、先頭でゴールイン。
不屈の復活勝利を果たしたのであった。











最優秀2歳牝馬
ピーティーヴィッツ 牡2歳 ピーティー氏所有 5戦5勝

ピーティーヴィッツ


主な勝ち鞍
阪神ジュベナイルフィリーズ


今Sの2歳戦線では、牡牝問わずこの馬の活躍が目立った。
8月3週の新馬戦を勝って最初に臨んだ新潟2歳ステークスでは、
後に阪神JFで再戦、2着となるクラシカル(サト氏)を下し重賞制覇。
その後もみじSと京王杯2歳Sを制し4連勝で迎えた阪神JFでも、
叩き合いを制し5連勝、うち重賞3勝でシーズンを終えた。








最優秀短距離馬
モフバラモス 牝7歳 俺様氏所有 10戦8勝

モフバラモス

主な勝ち鞍
スプリンターズステークス等重賞7勝


昨Sと全く同じローテーションをこなした
言わずと知れたナド鯖最強のスプリントクイーン、モフバラモス。
違うところがあるとすれば、2回ほど土がついたところだろうか。
シルクロードステークスでシーズン初戦を当然のごとく白星で飾るが、
高松宮記念ではピタブランド(りょうこ氏)に、
実に20戦目にして初の敗戦を喫することとなった。
次走のかきつばた記念では勝利を収めるものの
京王杯SCで再びピタブランドとの直接対決で敗れてしまう。
王者交代か・・・と思われたが、ここから女王は復活する。
夏競馬初戦CBC賞で早くもピタブランドと再戦、リベンジを果たす。
そこから3連勝し、頂上決戦スプリンターズステークスに臨むと、
王道の競馬で他馬を全頭振り切った。
来Sでの活躍は勿論、BC招待レースの制覇も期待される。























おいこら特別賞
ケイロンリー けいこ氏所有 3戦2勝

ケイロンリー


主な勝ち鞍
天皇賞(春)


今S印象に残ったレースは多数あった。
モフバラモスの敗戦、完全無課金の方の牝馬二冠、
G1に限らずともリトルカメイチイチの衝撃的な札幌記念...etc
その中でもおいこら的にはケイロンリーの春の天皇賞が印象に残る。
ハーヴィルの春天3連覇にレースの数日前から期待がかかっていたが、
直線ハーヴィルの伸びも敵わずケイロンリーは、その夢を打ち壊した。
しかし、ケイロンリーはこれだけでは終わっていなかった。
ナド鯖代表としてBC招待天皇賞(春)にてケイロンリーは決勝進出を果たす。
そして決勝・・・
直線でわずかに差が埋まらず2着。
しかしこの1戦で、ケイロンリーが真のナド鯖長距離代表なのだということを
改めて私たちに示した。
















おいこら特別賞
ビービーハザクラ 葉隠氏所有

ビービーハザクラ


おいこら特別賞を今回はもう一つ差し上げます。
今S、ビルフェノ(サト氏)の新潟記念3着をもって
偉大な名種牡馬ビービーハザクラの産駒のラストランとなりました。
メイアルア(サト氏)や、ギネスアムドゥアト(小林氏)、また、
先述したビルフェノ等様々な名馬を生んだビービーハザクラ、
その血はこれからナド鯖の様々なところで流れ続けるでしょう。
これからの子孫の活躍に期待しましょう。










※おいこらナド鯖大賞はナド鯖の一部の人からの提案により、創設致しました。
  すべての賞を私の独断と偏見で選んでいることをご承知おきください。
スポンサーサイト

Comment

Name - 331  

Title - No title

おらおらさんこんばんは。

ナド鯖大賞選考お疲れ様でした。
おいこら特別賞は面白い企画ですね。
こっそりパク…参考にさせていただきますね。
2015.12.22 Tue 01:25
Edit | Reply |  

Name - とらりん  

Title - No title

お疲れさまでした。よく練られています。
記憶力、調査力・・・
私にはまねできませんね。
2015.12.22 Tue 15:33
Edit | Reply |  

Name - 仲  

Title - No title

ご苦労様。
うちの馬がまぐれの1頭しかいないのがちょっと・・・・
一杯出れるようにがんばるかw
S氏、しばらく失速しないかな?(笑)
2015.12.22 Tue 20:10
Edit | Reply |  

Name - PT  

Title - まさかの。。。

ジェラールを年度代表馬に選んで頂き本当にありがとうございます!私のミスにより後半戦は惨敗させてしまったのに。。。いつ枯れてもおかしくないですが最後にもう一つ勝たせてあげたいです。ジェネレーション万歳!!
2015.12.22 Tue 22:04
Edit | Reply |  

Name - S  

Title - No title

今Sの記事もおもしろかった!
2015.12.22 Tue 23:34
Edit | Reply |  

Name - みきすけ  

Title - No title

良く見てますね。
クラシック獲ってないうちの馬が最優秀3歳牡馬なのは
こそばゆいですけど。
この企画、大いに賛成です。」
2015.12.23 Wed 11:16
Edit | Reply |  

Name - おいこらこの  

Title - No title

皆様、ありがとうございますm(_ _)m
2015.12.25 Fri 22:20
Edit | Reply |  

Add your comment