おいこらの野球&競馬&競馬伝説記

野球好きであり大の競馬ファンでありなおかつ競馬伝説でナド鯖をメインにアス、ロン鯖でも弱小馬主をしているおいこらこののブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他鯖の文化に触れて 



昨日今日と二日もお仕事のお休みをいただいちゃいました。
なので昨日はゆっくりと、今日は偶然予定があった友人と映画を見に行ったりと楽しい一日を過ごしました。


ってことでひさびさのはやめの更新です。
きょうはマーチの帝王賞まで暇な予定なんで、画像少なめで日記調につらつら書こうかと。


他鯖に行ってものすっごく実感したこと。

それは・・・




自分は調教や調整が自己流過ぎる!!!



これ、すごい思った。
そしてこれに気付けて本当に良かった。

基本的にナドの人から、
調整のコツや、調教の技術について教えられることはありません。
教えてもらったことは、とにかく出すこと大事ってことくらいでしょうか。
そんな風にいろいろ試行錯誤してたら、
素質がある馬ならG1勝たせることができるようになって。。
いつの間にかクラシック3勝しちゃってた、て感じでしょうか。



まず最初に驚いたのは、アスコット。
ドバイカラキマシタ
ドバイカラキマシタ血統





の入厩初日。エンバクを手に入れることができないとわかったおいこらは、
代替の調教メニューを考えていたのですが、
アスの先輩方から、


「バナナを最初につかってプール二本でどう?」


と言われたことがまず最初のカルチャーショック。


え、期待馬にプール?いやいや御冗談を。。。
バナナ?いやいや仮にプールをするならバナナは明日のほうがよくないか?
とか思っていたんですが・・・


そう、これが普通なんです!




ということを、アスにくるまでわからなかった。。。ていうことになりますよね。

他にもレース前日の併せ+疲労抑制カードでの調整とか、
成長遅い馬を桜花賞に間に合わせるための調教とか・・・
ぶっ飛んでいると言われたことが自分では常識だったりなんだり。



あとはやっぱりカー伝かな。
天井まで回さないんだったら、
カー伝G1は完全に無能(福袋除く)

と思っていたのですが・・・これも亜流だと気づき始めております。


そうか・・・そーなのね・・・。
プレイスタイルっていろいろあるんだなあ。
いろんな人のプレイスタイルきいてまわるのが今後の課題かな。






さて、帝王賞までの間つらつら思うこと書いてました。
マーチにがんばってもらいましょう!!!!
スポンサーサイト

Comment

Name - 俺様  

Title - No title

俺もこのブログ見てカルチャーショック受けてますw
入厩初日はバナナ・プール2本ってやったことねーw
一定以上の馬体重だと調教助手効果ないのでアリな調教ですね 
俺は面倒だから併せ一杯でしたけど!
百歩譲って超早熟でどうしても早く育てたい場合は減量茶・プール・ウッド(坂路)でやってます
ただ基本的にマイナスアビ取得は最大限避けるよう考えてますので個性で調教内容変更及び助手選択は一番心がけてるところですね
一番衝撃受けたのが国内レース出した後、放牧無しで海外連戦ってローテは考えたことはあっても恐くて出来なかったので参考にさせてもらいました
他にもいろいろ自分とは違うところがあってプレイ方法はホント十人十色だなーと実感
2015.10.02 Fri 19:10
Edit | Reply |  

Name - おいこらこの  

Title - No title

助手の件など参考になります。
ちなみに海外直行はかなり危険なのでおすすめしません!
2015.10.04 Sun 02:04
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。