おいこらの野球&競馬&競馬伝説記

野球好きであり大の競馬ファンでありなおかつ競馬伝説でナド鯖をメインにアス、ロン鯖でも弱小馬主をしているおいこらこののブログです。

ピーティーさんロングインタビュー~ピーティジェラール号皐月賞&仏ダービー制覇記念!~ 




”ジェネレーションチャンピオンシップ””Mission of Generation”・・・
この2つは、桃尻CLUB,silver倶楽部の2馬主会対抗で行っているイベントです。
現在3歳のジェネレーション産駒が、大きなレースを勝ったり、
期間中の総賞金で上位に入ったり、
また指定されたミッションをクリアすることで褒賞、報酬を付与する、
といった仕組みのこのイベント。
その2つの内、Mission of Generationの「ミッション1」。


””
ミッション1 親子二代皐月賞制覇を目指せ!


達成条件 ナド鯖第76シーズンの皐月賞を優勝

達成報酬 
30億
+リサイクル種牡馬とアビ付レベル9種牡馬の中からランダムに5枚
””



なんとこのミッションを達成した、猛者がでたのです。
それが・・・



ピーティジェラール

ピーティジェラール


この猛者を生産し、育成したピーティーさんに、ロングインタビューを行いました。
その模様をほぼカット無しで掲載致したいとおもいます。

字数にしてなんと4000字以上
大、大、大ボリュームでお届け致します。
では、その全文を是非、御覧ください。









----------------








おいこらこの:
まずはジョッケクルブ賞(仏ダービー)優勝おめでとうございます!


素晴らしい圧勝!
清々しい圧勝





ピーティー:
ありがとうございます^^





おいこらこの:
今のお気持ちをお聞かせ下さい。

ピーティー:
ジェラールにとって初海外遠征でしたので
まさか。。。本当に勝つことが出来て光栄です。
この子は父のジェネレーションに似て道悪が好きなので
それが味方してくれたと思います。





おいこらこの:
本当におめでとうございます。では生産のことについてお聴きいたします。
生まれた時からピーティジェラールのことを期待馬だと察しておられましたか?


ピーティー:
はっきり言うとイエスですねww
本当に父によく似た雰囲気を持っていましたし。






おいこらこの:
なるほどなるほど。
そんな生まれた当初から期待を背負われていた
ピーティジェラール号の調教面についてお聞きします。
ジェネレーションといえば、おいこらこの自身
とてもパラの埋め合わせに苦労した覚えがあります。
例えばスタミナはA、気性もA・・・(おいこらこのはアビで問題解消)




(参考)
ジェネレーション


ピーティジェラール号にそういった限界突破やアビ付け等の苦労はありましたか?


ピーティー:
パワーがAでしたがそれ以外は優等生でしたので
限界突破はあまり必要無かったです。
その分能力補強のアビ取得にはげむことができました^^




おいこらこの:
パワーAだったんですか!ダート馬にならなくてよかったですね。
まあでも芝馬なら優等生といった感じでしょうか。


ピーティー:
いえいえ十分にジェネレーションの素質はうけついでいるとおもいますよ^^




おいこらこの:
おお!それは嬉しいお言葉。・・・

ではもう一つパラについてお聞きします。
先ほどジェネレーションの素質を受け継いでいるとおっしゃられましたが、
ジェネレーションの仔にはある特徴が見受けられます。
それとは、右パラの強烈な良さです。
20頭ほどに聞き取り調査を行ったところ、
15頭が芝SS、そのうち5頭はほぼ五角形
という結果になりました。



(参考)おいこら厩舎のジェネレーション産駒2頭のパラ。右はいいんだよな・・・。
ジェネレーション産駒のパラ


ピーティジェラール号の右パラはいかがでしょうか。

ピーティー:
はい^^そのとおりですね
まさに正五角形ですね^^
これがなければ今の活躍はなかったといっても
過言ではありません!




おいこらこの:
おお、ジェネレーション産駒の特徴が生かされた、ということですね。

さて、パラのことからレース面の質問に移りたいと思います。
ピーティジェラール号、デビューしホープフルステークス等2歳重賞も制覇されました。


怒涛の連勝!
2歳戦の4連勝


この際にはもう皐月賞は意識されていましたか?




ピーティー:
そうですね^^これも父譲りですが、
距離が中距離しかも2000m前後に特化していましたので
クラシック狙うなら皐月賞しか無いと思ってました。




おいこらこの:
実はこのインタビュー前にお聞きしたのですが、
実はピーティジェラール号の距離適性は
1700-2100m
ジェネレーションと一緒(!)ということで、
そちらも遺伝さしたということになるんですね!



ピーティー:
そうですね^^本当にそっくりなんです^^
なのでローテーションもできるだけジェネレーションの通った道を歩ませたいと。





おいこらこの:
そして3歳の初戦、ホープフルステークス後、京成杯でまさかまさかの敗戦


確かによーく見たら負けている...
まさかの敗北



その時の敗戦は想像されていたものだったのでしょうか。


ピーティー:
あははw
あれは本当に私のミスでした。
ホープフルSでは少し調子が上がりきれないままでの出走でしたので、
欲が出て疲労を考えないまま出してしまいました。
ジェラールには気の毒なことをしたと。。。反省しましたw



おいこらこの:
なるほど、京成杯は欲による敗北だったということですね。

ピーティー:
そうですねwあとは
弥生賞前に開いてしまうのが嫌でしたのでw




おいこらこの:
ローテーションが空いてしまうのがいやだったということは
成長型は稍早熟ですか?


ピーティー:
そうですね^^



おいこらこの:
ジェネレーションは稍早熟でしたが、ピーティジェラール号もそうでしたか!
そこでお聞きいたします。
実はジェネレーションは、
皐月賞の2日前までピークが来ませんでした。
同じく稍早熟のピーティジェラール号、ピークはいつ頃に入りましたか?



ピーティー:
ジェラールもまさに皐月賞直前でしたね。
ピーク迎えないまま皐月賞なのかと不安に思ったのをおぼえてますw




おいこらこの:
そんな徐々の状態で迎えた弥生賞をピーティジェラール号、
見事なタイムで勝ちましたね。
皐月賞に向かって順風満帆だったと思われますが、
もし計測なさっていたとしたら、弥生賞前日あたりのタイムは
いかがなものだったのでしょうか。


ピーティー:
1.55.5程度だったと思います。


おいこらこの:
うお、はやい!!!!

ピーティー:
ただ、弥生賞では測定通りのタイムが出ていなかったので
やはりピークが待ち遠しかったですねw



おいこらこの:
つまり弥生賞はあれでも不本意な走りだったと・・・


弥生賞としては十分速いような・・・
ピーティジェラール弥生賞



ピーティー:
測定ではもう少しいいタイムが出ていただけにですねw



おいこらこの:
ほうほう。
結果的には皐月賞前にピークを迎えることになりましたが、
その時のお気持ちはいかがだったのでしょうか。


ピーティー:
ホッとしましたね~。
ただ、強い馬が続々といましたから勝てるとは思っていませんでしたが
これで撒けたら仕方ないという気楽さは有りました^^




おいこらこの:
当日はピーティジェラール号、皐月賞アビはついていましたか?


ピーティー:
いえwついていませんでしたw



おいこらこの:
おおお なのにあの走り


この走り!
この圧勝!



ピーティー:
あれば付けてましたけどねwww



おいこらこの:
wwwまあそうですよねw

ということは皐月賞前の試走のタイムは相当良かったのではないでしょうか?
弥生賞前から変動はありましたか?



ピーティー:
おそらく0.3秒ほどあったと思います。
ピーク迎えたからでしょうね~




おいこらこの:
つまり試走では1.55.2程度は出ていたと


ピーティー:
そうですね^^
ただピークになったとはいえ弥生賞のようにタイムが下がる不安がありましたw




おいこらこの:
そしていよいよ皐月賞当日、1番人気でしたね。
その時は、当然だというお気持ちだったり、
意外だというお気持ちはありましたか?



ピーティー:
人気はあまり気にしなかったですね~
それよりも枠が気になっていたので
最内枠じゃなくて良かったとww



それどころか絶好枠!
ピーティジェラール皐月賞枠順


おいこらこの:
ほうほう 何か最内枠にジンクス等をお持ちなのですか?

ピーティー:
いえw単純に差しなのでw


(差しもジェネレーションと一緒)


おいこらこの:
なるほど。不利枠は廃止されたと発表がありますが、
実際は廃止されていないのじゃないかという論評もありますよね。
特にNさんがその提唱者な気がしますw


ピーティー:
ですねwやっぱり私はあるように感じてますw




おいこらこの:
そして遂に迎えた皐月賞。
圧勝と言っていい競馬、しかも1.55.3という好タイムでの優勝でした。



パフォーマンスだけで無くタイムで見ても0秒4差つける圧勝
ピーティジェラール皐月賞タイム



クラシックの優勝はやはり格別なものでしたでしょうか?


ピーティー:
正直2着馬と差が開くとは思っていなかったので驚きでしたw
本当にうれしかったですね~
なにより皐月賞を父子制覇できたのが感動でした^^



おいこらこの
ピーティジェラール号が制覇した時は私も感動いたしました。
うおおおおお ジェネレーション産駒がマジで皐月とったぞ!
と興奮したことを覚えています。

(ジェネレーションの皐月賞も圧勝だったので尚更思い出すわけです・・・(T_T) )




ピーティー:
クラシックを親子2代制覇は本当に難しいと思いますし、
それが現実に出来てとても光栄です^^




おいこらこの:
こちらとしてもMission of Generationの主催として
30億の提示をしてよかったと思っておりますw
主催者側としてはもう資金では決して言い表せない
「プライスレス」な優勝だと感じております。



ピーティー:
本当においこらさんのイベントには感謝しきれません^^



おいこらこの:
因みにこのMissionについては一部から非難がありましたw

ピーティー:
ええwどうしてでしょう?



おいこらこの:
ジェネレーションの勝ちタイムにちなみ
指数126相当かそれより速いタイムの馬には15億の追加褒賞"




このもはや事故といえるタイムに基づいています!
鬼畜


という制度がありましたが、
”これはムリだろう”という意見が
Nさんや外部のSさんから寄せられまして

ピーティー:
ぶはwww



おいこらこの:
後々調べてみても、指数126相当というのは、
他鯖やBCを見てもあんまりないと・・・
そこからおいこらこのは自己反省しておりますw



ピーティー:
私も無理だと確信しておりましたし狙っても居ませんでしたww





おいこらこの:
wwwwwww
やっぱりそうでしたよねw
次のイベントの参考にしたいと思いますw


少し、話を変えますが、
ピーティーさんご自身では、
昨Sの皐月賞でもピーティーサクラ号で制覇されており、
これで連覇ということなりました。




(参考)ピーティーサクラ号と華々しい皐月賞の優勝馬達
ピーティーさんの連覇


皐月賞に何か得意意識などは持たれましたか?


ピーティー:
いえいえw私は元々短距離馬メインで育てておりましたので、
中距離馬育成はまだまだローテーションを含めて未熟です。
本当に幸運でした。




おいこらこの:
え、知りませんでした!!!w
そうだったんですね!
(疑問になって調べてみたら全然短距離専門じゃなかったけど突っ込まない)
これからのクラシック制覇も期待しております。


さてピーティジェラール号、
皐月賞を制し次は仏ダービー勝利を収めました。






レースの画像は先程載せたので、父との指数比較の画像。
ピーティジェラールが指数で6上回っている

仏ダービー比較



ここは確勝モードでしたか?



ピーティー:
いえwはっきり言ってここは、
N氏のスペシャルレインが勝つだろうと思っていました。




(参考)
スペシャルレイン
2歳戦から活躍し、前走プリークネスSを指数120で2着。
仏ダービーでは2番人気でピーティジェラールの2着となった。

スペシャルレイン
馬主の名前が出ているのは気にしない。




相当強い馬だと知っていましたので。
ただ不良馬場だったのでもしかしたらいけるかなとw




おいこらこの:
なるほど、ここでサブパラがいきてきたとw

ピーティー:
はいwそうだと思います^^運も味方しましたね^^





おいこらこの:
さて、そんな期待膨らむピーティジェラール号、
次走はJDDを予定している


JDD出走登録

とお聞きしましたが、
ピーティジェラール号はパワーAということで、
ダートを攻略する秘策などはおありでしょうか?



ピーティー:
パワーに関しては限界突破しているので問題ないかと思います!




おいこらこの:
おお、心強いお一言が頂けましたね!
ピーティジェラール号の次走と今後に期待しましょう!


では最後になります!
古馬戦という荒波にもまれていくことになる
ピーティジェラール号との今後の意気込みと、
ファンや馬主会の皆様へメッセージをお願いします!





ピーティー:
そうですねw
これから古馬との戦いが待っていますが
頑張ってジェネレーションが2着に敗れた天皇賞秋



(参考)ジェネレーション3歳時(上)と4歳時(下)どちらも2着
ジェネレーション天皇賞3歳
ジェネレーション天皇賞4歳



を困難ではありますが、
優勝したいですね!






おいこらこの:
おお、素晴らしい意気込みですね!
インタビューを受けてくださったのは
ピーティジェラール号のオーナー
ピーティーさんでした!
長い時間ありがとうございましたm(_ _)m



ピーティー:
何よりこのイベントを主催してくれたおいこらこのさんに感謝申し上げます!
ありがとうございました!



スポンサーサイト

Comment

Name - 仲  

Title - すげー

雑誌みたいでかっこいいな~e-280

ちなみにN氏にインタビューすると、お笑い雑誌になるからね(笑)



2015.08.12 Wed 17:25
Edit | Reply |  

Name - PT  

Title - 初コメw

本当に載せちゃったんですねw恥ずかしw
誰も見ないことを願うww(冗談)
でも本当に嬉しいですし光栄です!ぜひ仲さんにもインタビューの機会を!

あと、今までは短距離馬中心の育成 というコメは。。。
超早熟メインという意味ですw(結果的に短or短中になるので)
すみませんでしたww
2015.08.12 Wed 20:00
Edit | Reply |  

Name - サト  

Title - No title

こりゃすごいわw

ウィブラ仔の記事が霞んでしまったw

次回、N氏インタビュー記事に期待してます^^
2015.08.12 Wed 22:25
Edit | Reply |  

Name - おいこらこのですよ  

Title - No title

>仲村さん

ピーティーさんの答えがCool!
お笑い雑誌でも良さ気ですけどねw


>ピーティーさん

ご本人登場!
ガッツリアクセス来てますよ~。
まあ仲村さんはいつか。いつかと思っていますw


>サトさん

そうですね。セレナウィブラシアの次は未定でw
次回はNさんじゃないかもですね。



もしかしたらGCS,MOG関連でないナドの方や、アスの方の記事を載せるかもしれません。
2015.08.13 Thu 08:08
Edit | Reply |  

Add your comment