おいこらの野球&競馬&競馬伝説記

野球好きであり大の競馬ファンでありなおかつ競馬伝説でナド鯖をメインにアス、ロン鯖でも弱小馬主をしているおいこらこののブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花賞制覇記念 セレナウィブラシアの半生を追おう① 





ラクテンセレナ  
主な勝ち鞍 桜花賞 愛1000ギニー 阪神ジュベナイルフィリーズ


ラクテンセレナ


~第74S桜花賞~


桜花賞73



我が馬主会のリーダーで、尚且つ長年に渡ってお世話になってきたノムさん。
その初めてのクラシック勝ちだったこのレース。
タイム1.31.0は、ナド鯖の桜花賞としては悪くない数字。
こりゃフロックじゃない。本物だ。
その時、馬主会では大きい、大きい歓喜に包まれたのだった・・・。


そして、私は思ったのです。
「ああ、ジェネレーションに続いて、ラクテンセレナのような、桜花賞を勝てるような、強い牝馬を出したい・・・。」












~半シーズン後~


そのラクテンセレナが4歳間近となり、強さも下火となっていた頃のある日、

その父の

ウィブラ

ウィブラ


の所有馬主、サトさんと対戦チャットをしている時に・・・


「ウィブラはラクテンセレナ以外に大きな活躍馬がいない」

といった話に。
その後、ウィブラのG1勝ち特典のカード化を使っていないことの話があり、




「おいこらさん、
ウィブラのカード、使う?」





「使わせて下さい!!!!!」





そして我が牧場に・・・

ウィブラ2



本当にウィブラの種牡馬カードが来たのだ・・・。




せっかくくれたのだし、駄馬が出来てもいいから、悔いのないように一番いい繁殖をつけよう。
そして、せっかくラクテンセレナと同じ父なんだ、
「牝馬が出てきたら、名前にセレナといれよう。」
一番いい繁殖といえば、やはり・・・


アパパーニ


チケットのセレクトセールで謎の強運があり手に入れたこの馬、
チャンピオンシップやジェネレーションの我が牧場と柱となる馬を生んだ、
アパパーニだろう。






そして生まれたのが・・・

父ウィブラ、母アパパーニの・・・


牝馬


であった。


これはセレナを名にいれよう。
ウィブラにも敬意を表し、ウィブラも名にいれよう。
残った2文字で体裁を整えよう。

そしてかれこれ2時間考えた名前が・・・


「セレナウィブラシア」

であった。


命名した後、撒き等で手に入れた全眼でセレナウィブラシアのパラを開くことに決めた。

「大丈夫だろう。まずアパパーニの仔だ。パラは絶対いいはずだ。」

そう思ったのは恐らく間違いだった



スピード、スタミナ、パワー、ゲートがS・・・
サブパラは完璧で距離適性が1400-1600という絶好な条件だった。
が、スピスタもパワーもゲートもSかあ。。。
ちょい厳しいかも、とサトさんに報告したのち、自分でもうーんとうなだれていたのであった。


~続く~


スポンサーサイト

Comment

Name - サト  

Title - No title

まさかの長編!
2015.08.06 Thu 00:27
Edit | Reply |  

Name - おいこらこの  

Title - No title

です!
2015.08.07 Fri 00:58
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。